マゴットセラピーとは? 

マゴットセラピー(MDT:Maggot Debridement Therapy:マゴットデブリートメントセラピー)とは、蛆(うじ)虫治療のことで、糖尿病による足の壊疽(えそ)・壊死(えし)の治療や、床ずれなどによる重度の褥瘡(褥瘡性潰瘍)の治療、やけどなどによる重度の炎症治療に使われる治療法です。

マゴットセラピーとは?