ビー・フライでは受粉

ビー・フライでは受粉を従来のハチに替わり、清潔で安全な管理下で育成した農業用受粉ハエを用いて行うサービスです。
すでに農園・農家・農場の皆様や、種苗会社などにもご利用いただいている近未来型農法として注目されているビー・フライを研究開発しています。
弊社との共同試験などにご関心ある方は是非お問い合わせください。

近年、高騰する一方のミツバチ。不足はますます深刻に

ネオニコチノイド系の農薬使用によるとされる大量死やオーストラリアでのノゼマ病流行による輸入停止などにより、受粉用ミツバチがしばしば不足し、果実を中心に生産コストの増大や品質低下を引き起こしています。
ジャパンマゴットカンパニーは、自社保有する医療用の無菌ウジ増殖技術を応用し、農業用花粉媒介昆虫として利用できる受粉用ヒロズキンバエ(ビ-フライ)の利用を提案します。

実作物によっては、ミツバチよりも優秀!?ビーフライの長所

1.ハチよりも温度差に強く曇りでも平気!

ミツバチミツバチは15℃~25℃でしか活動できず、しかも雨天・曇天時には活動しません。
それに比べ、ビーフライは10℃~35℃というとても広い温度で活動できます。
暑さ・寒さにも負けずせっせと受粉作業をしてくれます。

 

比較 活動温度 温度幅 特徴
ミツバチ 18℃~25℃ 8℃ 紫外線必要
マルハナバチ 15℃~28℃ 14℃ 紫外線必要
ヒロズキンバエ 10℃~35℃ 26℃ 紫外線不要
2.花や果実を傷付けず、人間も刺さない

ビーフライは受粉の動きがとても優しいので花や果実を傷つけません。そのため、奇形果の発生が少ないと言われています。またハチのように人間を攻撃することもありません。

3.安価で安定供給が可能

 

イチゴの促成栽培の例

イチゴの促成栽培の例

※奈良県農業研究開発センター育種科  ※三重県農業研究所植物工場三重拠点より
野菜栽培ユニットより

マンゴー農家での促成栽培の例

※岡山県瀬戸内市マンゴー農園

ビーフライ事業の実績

  • STO2006年7月 受粉用のハエを種苗会社に試験的に供給
  • 2009年9月 ミツバチ代替としてハエによる授粉研究を開始
  • 2010年1月 瀬戸内市のマンゴー農園にハエを供給
  • 2010年5月 NHKによる全国放送
    花粉交配用のハエを「ビーフライ」と名付ける

お気軽にお問い合わせください。086-953-4430受付時間 9:00 - 17:00 [ 土日・祝日除く ]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。