マゴットセラピーの症例

ここより下には患部の写真を掲載しています。
閲覧にはご注意ください

マゴットセラピーの治療方法

※マゴット専用ドレッシング材を使用した場合

1.創の周りをデュオアクティブでカバーする

創の周りをデュオアクティブでカバーする

2.清潔なハケでマゴットを容器から創に移し変える

3.創にマゴットが成長しても動けるように隙間をもたして、専用ドレッシングを接着する

4.マゴットの脱走を防ぐために、ドレッシングの周りをテープで塞ぐ

5.浸出液を吸収するために紙おむつでカバーする

6.一週間に2回ウジを取替え、約2~4週間この治療を継続します。成長したマゴットは医療廃棄物として廃棄します

 

7.ウジの取替え時に創の改善を確認します。創の細菌検査、全身の感染データ(白血球、CRP等)を検討下さい

 

マゴットセラピーの症例

マゴットセラピーの症例の一部です。この他にも多くの症例がございます。症例の資料が必要な方は、弊社までご連絡下さい。尚、この資料の弊社ホームページへの掲載は許可をいただいておりますが、他への転載はできませんので、ご注意下さい。

糖尿病による足の切断を回避できた症例1

症例_01 症例_02 症例_03

症状:右足壊疽、壊死既往歴:高血圧、糖尿病(インスリン)、運動療法でリハビリ可能まで改善。

糖尿病による足の切断を回避できた症例2

症例2_1 症例2_2 症例2_3
症状:左足壊疽、壊死、疼痛、既往歴:高血圧、糖尿病(インスリン)、慢性腎不全(血液透析)

糖尿病による足の切断を回避できた症例3

症例3_1 症例3_2 症例3_3

症状:右足第四肢潰瘍形成、既往歴:糖尿病、糖尿病性網膜症により両眼失明、慢性腎不全

下腿切断を薦められたが、切断を回避できた症例

下腿切断_01 下腿切断_02 下腿切断_03

症状:右足足底感染(前医による切開)、既往歴:敗血症(両側肺に胸水貯まる)

比較的軽度の症例

比較的軽度_01 比較的軽度_02 比較的軽度_03

資料協力:大阪いぶきクリニック

お気軽にお問い合わせください。086-953-4430受付時間 9:00 - 17:00 [ 土日・祝日除く ]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。